WEB
予約

042-325-4124

東京都国分寺市本町4丁目1−9
国分寺本町クリスタルビル5階

国分寺駅北口より徒歩2

診療内容

妊活ドック

将来妊娠を考えている方に。

妊活ドックとは、将来、妊娠・出産を考えている女性を対象にした婦人科検診になります。
妊娠をさまたげる原因となる疾患にかかっているか否かの検査や初期症状では気づきにくいとされる婦人科系疾患を早期に発見するために行う人間ドックとなります。年齢や結婚予定の有無は関係ありません。将来ご出産を望まれる女性であれば、妊娠前に一度受けていただくことをお勧めします。

詳しくはこちらをどうぞ>

不妊一般検査

継続的に特定のパートナーと性交渉を行っていて、妊娠の兆候が一定期間(1年以上)みられない場合、不妊症と診断されます。子宮内膜症や卵巣のう腫など基礎疾患が存在する場合には、なるべく早めの検査治療が推奨されます。

詳しくはこちらをどうぞ>

人工授精

人工授精とは、洗浄した精子を子宮の中に送り込む治療法です。精子が女性の体内に進入するプロセスは通常の性行為とは異なりますが、その後の受精と着床についてはごく自然な経過で妊娠が成立し、自然妊娠の場合と同じです。

詳しくはこちらをどうぞ>

体外受精

体外受精‐胚移植(以下IVF-ETという)とは、精子と卵子を体外で受精させ、数日間、体外で培養し子宮へ移植することにより、妊娠の成立を試みる治療法です。1978年、イギリスのEdwards博士とSteptoe医師により、最初のヒトIVF-ETによる出産例が報告され、日本では1983年に、最初の体外受精児が誕生しました。

詳しくはこちらをどうぞ>

顕微授精

顕微授精(細胞質内精子注入法 以下ICSI)とは

顕微鏡下にて精子を卵子細胞質内に直接注入する技術です。重度の乏精子症・精子運動障害や抗精子抗体・原因不明の受精障害など、通常の体外受精では受精しない、または受精する見込みが低い場合に適応となります。
1992年、パレルモらによって1個の精子細胞を直接卵子細胞質内に注入して授精させるICSIが開発されました。2017年日本産科婦人科学会の報告によるとICSI実施治療周期総数は年間約15万件実施されています。

詳しくはこちらをどうぞ>

TESE

男性不妊の中で最も深刻な症状である無精子症の場合には、当院ではTESE(精巣内精子採取術)をお勧めしています。 一般的には、漢方治療などの方法もありますが、時間がかかってしまい、その間にパートナーの女性の年齢も上がり、妊娠率が下がってしまうからです。

詳しくはこちらをどうぞ>

男性不妊

男性不妊には先天性と後天性のものがあります。先天性の男性不妊の原因は、様々な遺伝的要因や、発育段階で受けた影響等で、性機能不全になるものです。性機能不全とは、性的欲求や性的興奮とその最高潮などが、減退・欠如する状態をいいます。

詳しくはこちらをどうぞ>

不育症検査

妊娠はするものの流産や死産を繰り返している状態が不育症です。2回以上連続して流産・死産が起きるようであれば「不育症」と診断されます。自然流産は一定の割合で起こる(1回の妊娠当たり約15%)と考えられ、日本では妊娠を経験した女性の約40%の方が流産を経験しています。そのうちの約4%が不育症と厚生労働省の調査で報告されています。

詳しくはこちらをどうぞ>

婦人科

女性特有の病気や症状である婦人科疾患を中心に診察・治療を行います。主に月経痛や下腹部痛が強い、月経不順や月経痛、子宮・ガン検診、更年期障害、避妊の相談などについて診療いたします。

詳しくはこちらをどうぞ>

市の子宮がん検診

子宮がんとは、子宮に発生したがんの総称のことで、タイプとしては子宮頸がん、子宮体がんがあります。当院では、子宮頸がん検診を行っています。なお、国分寺市、小平市が実施する子宮がん検診を対象の方が受診すると無料で受けることができます。

詳しくはこちらをどうぞ>

国分寺ウーマンクリニック

診療内容
不妊治療 産婦人科 婦人科
住所
〒185-0012
東京都国分寺市本町4丁目1−9
国分寺本町クリスタルビル5階
アクセス
国分寺駅北口より徒歩2
電話番号
042-325-4124

診療時間

日祝
9:00~12:00
13:30~15:00
15:00~18:00

休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
月~土:8時からの血液検査可能です。
★13:30~15:00 処置等
☆木曜日午後の診療は19:00までご予約いただけます。
○土曜日の診療は9:00~14:00です。