WEB
予約

042-325-4124

東京都国分寺市本町4丁目1−9
国分寺本町クリスタルビル5階

国分寺駅北口より徒歩2

卵管鏡下卵管形成術

卵管鏡下卵管形成術(FT)とは

近位卵管の高度の狭窄、閉塞病変を再開通させ一般治療(タイミング・人工授精)による妊娠率を改善させる手術です。内視鏡(卵管鏡)を内蔵した細い管(カテーテル)を用いて行います。カテーテルを膣から挿入し、詰まっていたり、狭くなっている部分を膨らませたバルーンで広げます。手術時間は30分~40分ほどで、麻酔をかけて行います。手術当日にお帰りいただけます。
ご希望の方は他院で撮影した子宮卵管造影検査の結果をご持参ください。

卵管鏡下卵管形成術について

適応

子宮卵管造影検査や子宮鏡下卵管通水検査で、片側あるいは両側の卵管閉塞、または高度の狭窄所見が近位に確認された場合が適応になります。他院からの紹介状の持参した場合や、他院画像を持参し当院で再度画像読影し上記診断にいたった場合は、子宮卵管造影検査や子宮鏡下卵管通水検査を省略することができます。遠位狭窄病変や卵管水腫病変には適応にはなりません。

手術を行う時期について

通常月経終了してから排卵日までの期間に行います。月経様の出血があっても妊娠していることがあるため妊娠していないことの確認が必要です。手術までは避妊をしていただきます。

費用について

健康保険適用手術となります。高額療養費制度の適用となります。

詳しくはこちら

手術による妊娠率の改善・効果

FTによって、卵管を再開通させることができれば、それまで無効であっても、タイミング療法や人工授精による妊娠が十分に期待できます。これまでの報告では治療後2年間で約30~35%に妊娠が成立し、平均妊娠成立までの期間は、7~8ヶ月です。ただし、卵管障害の程度によっては、10%未満ですが、卵管の再開通ができない場合があったり、再開通に成功しても術後早期に卵管の再閉塞や再狭窄が生じる場合もあります。
卵管内の狭窄が解除されても、卵管内部の構造は元にもどらず機能が回復しないこともあります。観察所見によっては、短期間で高度生殖医療へのステップアップをお勧めする場合があります。

合併症

卵管に穴が開く卵管穿孔を起こすことがあります。卵管カテーテルは1mm程度と細く、穿孔が起きた場合もほとんどは待機観察で経過をみることができます。また長時間手術を行うと還流液で血液が希釈し水中毒を起こす事も考えられます。その他、性器出血、疼痛、感染などの合併症もあります。ここに書かれている合併症は起こる頻度は極めて低く、また起こった場合も経過観察になる場合がほとんどです。

国分寺ウーマンクリニック

診療内容
不妊治療 産婦人科 婦人科
住所
〒185-0012
東京都国分寺市本町4丁目1−9
国分寺本町クリスタルビル5階
アクセス
国分寺駅北口より徒歩2
電話番号
042-325-4124

診療時間

日祝
9:00~12:00
13:30~15:00
15:00~18:00

休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
月~土:8時からの血液検査可能です。
★13:30~15:00 処置等
☆木曜日午後の診療は19:00までご予約いただけます。
○土曜日の診療は9:00~14:00です。