WEB
予約

042-325-4124

東京都国分寺市本町4丁目1−9
国分寺本町クリスタルビル5階

国分寺駅北口より徒歩2

妊活ドック

妊活ドックとは

将来妊娠を考えている方に。

妊活ドックとは、将来、妊娠・出産を考えている女性を対象にした婦人科検診になります。
妊娠をさまたげる原因となる疾患にかかっているか否かの検査や、初期症状では気づきにくいとされる婦人科系疾患を早期に発見するために行う人間ドックとなります。年齢や結婚予定の有無は関係ありません。将来ご出産を望まれる女性であれば、妊娠前に一度受けていただくことをお勧めします。主な検査項目は以下をご覧ください。

  • 基礎体温(1~2か月分)検査(任意)
  • 月経時(3日以内)ホルモン検査
  • 超音波検査
  • クラミジア抗体検査

月経3日以内に来院いただき、2~4週間後に結果をお知らせいたします。

主な検査項目

基礎体温検査(任意)

卵巣機能全体のバランスを知ることができます。毎日すべて測定してあるものでなくても構いません。排卵しているかどうか、1~2か月分測定して持参していただけるとご相談できます。

ホルモン検査4種類(E2・FSH・LH・PRL)

妊娠に関わるとされる4種類のホルモンである、E2(エストロゲン)・FSH(卵胞刺激ホルモン)・LH(黄体形成ホルモン)・PRL(乳腺刺激ホルモン)を血液検査で測定します。
総合的な卵巣の機能を評価します。

経腟超音波検査

小さいプローブで挿入時の違和感を軽減。

高い周波数の音波を用いて、身体の中の状態を調べる検査が超音波検査です。X線のように人体に影響を及ばすことはなく、3~4分ほどの短時間で行うことができます。
経腟超音波検査では、膣内に挿入することで、子宮や卵巣の近くまでプローブを当てることができ、経腹超音波と比べてより鮮明な画像で子宮や卵巣の状態や子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症などの有無を確認することができます。
また当院では、一般の経膣プローブより小型で高性能の検査機器を使用しており、挿入時の不快感を軽減いたします。

クラミジア抗体検査

クラミジアは性感染症のひとつですが、女性が感染すると自覚症状がないため長期化しやすく、不妊や卵管妊娠になる場合があります。感染すると子宮頸管が炎症を起こし、症状が進行すると子宮内膜、卵管の炎症を起こすようになります。卵管の炎症は卵管閉塞につながり、不妊の原因になると言われています。検査は血液検査で抗体を調べる方法となります。

オプション検査

子宮頸がん検診

妊活スタートの前に。

子宮がんとは、子宮にできるがんの総称で、主に子宮頸がんと子宮体がんがあります。当クリニックでは不妊検査のスタートの時に、子宮頸がん検査をおすすめしています。
子宮頸がんは、子宮頸部と呼ばれる子宮腔と膣がつながっている部分に発生するがんです。子宮の入り口付近に発生することが多く、検査で見つけやすいがんとしても有名ですが、初期では自覚症状が見られないことから、早めに検査をしておく必要があります。
検査ではブラシなどを使用して子宮頸部の表面細胞をこすって採取するため、通常痛みを感じることはありません。異常が認められた場合、高次医療機関へ紹介いたします。

甲状腺機能検査(TSH・fT3・fT4)

排卵や流産に関係します。

甲状腺から分泌されるホルモンの働きを調べる血液検査になります。
甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝や成長の促進に関わっているのですが、同ホルモンは多すぎても、少なすぎても不妊や流産の原因になると言われています。治療することで妊娠しやすくなります。検査項目は、TSH(甲状腺刺激ホルモン)、fT3、fT4(遊離サイロキシン)です。

精液検査

パートナーの方へ。より高度な精子評価。

不妊の原因の約半数は男性側にあると言われています。同検査は、男性不妊症の診断・治療において最も基本的な検査であり、精液の量や濃度、運動率、精子形態などを調べます。
精子は射精された時に数億あっても子宮卵管内を通過する間に、より速く直進する精子が生き残り、受精する卵に到達するのは100程度と言われています。当クリニックでは、一般精液検査項目に加え、直進精子運動率や平均精子速度などを計測し、より詳しい受精能力評価をします。また精液検査は体調などに影響されやすい検査です。異常があった場合、2回の検査をおすすめします。

AMH(抗ミューラ管ホルモン)検査

卵巣の予備能を調べる検査です。AMHは、前胞状卵胞から多く分泌されるホルモンです。この数値が高いほど発育のために準備されているとされる卵胞が多くなり、卵巣予備能のマーカーとして普及してきました。低値の場合、妊娠できないというわけではなく、治療方針を決めるうえでの判断材料となります。

感染症スクリーニング検査

出産の際に母子共に影響を受けるとされる感染症に罹っていないかどうかを調べます。具体的には、B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒の検査を行います。

風疹抗体検査

風疹抗体は下がることがあります。

風疹ウイルスに対する免疫の有無を調べる検査で採血にて行います。妊娠初期に風疹に感染した場合、それが胎児にも感染してしまうおそれがあり、胎児に心臓奇形や聴力障害、白内障、発達障害などの先天異常が起こることがあります。未検査や最近検査をされていない方は、一度は検査を受けて確認する必要があります。またパートナーのいる方は一緒に受けられることをお勧めします。
検査の結果、抗体性が低いと診断されたら風疹ワクチンを接種することになります。これは生ワクチンなので約2ヵ月の避妊が必要となります。

しばた心身クリニック

診療内容
不妊治療 産婦人科 婦人科
住所
〒185-0012
東京都国分寺市本町4丁目1−9
国分寺本町クリスタルビル5階
アクセス
国分寺駅北口より徒歩2
電話番号
042-325-4124

診療時間

日祝
9:00~12:00
13:30~15:00
15:00~18:00

休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
月~土:8時からの血液検査可能です。
★13:30~15:00 処置等